Latest Posts

ABテスト機能

これからefoサービスの利用を検討しているならば、ABテスト機能についてきちんとチェックしておきましょう。ABテストというのはある特定の期間において2パターンのページを用意して、どちらの方がより効果が高くなるのかを検証するための方法のことです。たとえば、入力フォーム最適化を実施するならば、その最適化の方法が本当に効果があるのか実証する必要があります。そんなときにABテスト機能というのは便利なものです。こちらを利用することによって、より効果のある方法を選択できるのです。

ABテストABテスト機能はefoに限らずSEOにも用いられていることもあります。ホームページの効果を高めるためのとても有効な方法となっているのです。実際にこちらの機能を用いてホームページを成長させることに成功したというケースはたくさんあります。

これからefoサービスの利用を考えているならば、ABテスト機能を利用できるものを選ぶと良いでしょう。テストをすることによって、高い効果を得られる改善方法を見つけ出すことができるのです。こちらならば、小さな改善を積み重ねていくことができます。少しずつテストをしながら改善していくことが可能なのです。また、実施するために必要な工数が少ないために負担がかかりません。

最適化の内容

実際にefoサービスを利用すると、それぞれのサービスごとにさまざまな方法によって入力フォームの最適化を図ってくれます。それでは具体的にどのような方法があるのかを紹介しましょう。

ストレスたとえば入力フォームで入力された数字を自動的に半角に変換する機能を導入できます。入力フォームでは数字入力の際に全角か半角かを指定することが多いです。しかし、これをユーザーに任せてしまうと大きなストレスとなってしまうでしょう。また、変換ミスをしてしまう可能性もあります。それを修正するのが面倒になって離脱する方もいるのです。それならば入力された数字を自動的に変換してしまった方が楽でしょう。

入力フォームでは郵便番号と住所を両方入力させることが多いです。このときに郵便番号が入力された段階で、住所の市区町村までを自動的に補完する機能を導入することが可能です。これならば入力の手間を省くことができるでしょう。

文字入力をしていてエラーがあったならば、それを瞬時に知らせられるように改善することもできます。これならば、エラーのある部分をすぐに直せるため、ユーザーのストレスを軽減させられるでしょう。このようにさまざまな方法で入力フォームを改善できるのです。

efoサービスとは

efoサービスというものがあります。まず、efoというのは入力フォーム最適化のことです。このefoサービスを利用することによって、入力フォームを改善させることができます。そうすることによって、さまざまなメリットを得られるのです。

efoインターネット上で製品やサービスの購入の際に入力フォームを利用するケースは多いです。しかし、実際に入力フォームまで到達したけれども、そこで申込みをするのをやめてしまうユーザーが多いとされています。入寮フォームから離脱してしまうユーザーが多いと、製品やサービスの売上に大きな影響を与えてしまうでしょう。そのため、いかにしてこの離脱率を改善させるのかを多くの企業が考えているのです。

そして、efoというのはこの入力フォームの最適化を実現させることができるのです。検索エンジンを利用したり、広告を通じてそのサイトの入力フォームまでやってきた方が、その後のアクションをしようとするのを妨げないようにします。入力フォームに入力する段階で面倒くさくなってしまうという方が多いのです。そのような方を少しでも減らすためには、現在の入力フォームの問題を解決しなければいけません。そんなときに役に立つのがefoサービスです。

こちらでは実際にefoサービスを活用する際のポイントについて教えましょう。こちらのサービスをどのように活用すれば良いのか分からないという方は多いでしょう。どのように活用すれば、売上アップに役立てられるのか、そのためのポイントを解説します。