最適化の内容


実際にefoサービスを利用すると、それぞれのサービスごとにさまざまな方法によって入力フォームの最適化を図ってくれます。それでは具体的にどのような方法があるのかを紹介しましょう。

ストレスたとえば入力フォームで入力された数字を自動的に半角に変換する機能を導入できます。入力フォームでは数字入力の際に全角か半角かを指定することが多いです。しかし、これをユーザーに任せてしまうと大きなストレスとなってしまうでしょう。また、変換ミスをしてしまう可能性もあります。それを修正するのが面倒になって離脱する方もいるのです。それならば入力された数字を自動的に変換してしまった方が楽でしょう。

入力フォームでは郵便番号と住所を両方入力させることが多いです。このときに郵便番号が入力された段階で、住所の市区町村までを自動的に補完する機能を導入することが可能です。これならば入力の手間を省くことができるでしょう。

文字入力をしていてエラーがあったならば、それを瞬時に知らせられるように改善することもできます。これならば、エラーのある部分をすぐに直せるため、ユーザーのストレスを軽減させられるでしょう。このようにさまざまな方法で入力フォームを改善できるのです。続いては、ABテスト機能について紹介します。